高精度赤外線調査
  • 対応エリア
  • 山口県全域(山口市・下関市・宇部市・萩市・防府市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・美祢市・周南市・山陽小野田市)の他、中国地方全県(広島県・島根県・岡山県)及び、熊本県全域(熊本市・八代市・人吉市・荒尾市・水俣市・玉名市・山鹿市・菊池市・宇土市・上天草市・宇城市・阿蘇市・天草市・合志市・その他全域)で対応可能です。
feed

高精度赤外線調査

Home » リニューアル » 高精度赤外線調査

高精度赤外線外壁劣化調査

高精度赤外線調査とは

高精度赤外線サーモグラフィカメラを使用して、特殊建築物の外壁劣化状態を調査します。
従来から行われて来た打音調査と異なり、足場を組む必要がないため、大幅なコストダウンを見込めるほか、マンションなど住居の調査時には住人のプライバシーへの配慮を行なう必要が少なく、安全かつ速やかな作業が可能なため、主に「外壁調査の定期点検」の現場で活躍しています。

Thermography

高精度赤外線調査の特徴

高精度赤外線調査のその大きな特徴として、『足場が不要である』という点があげられます。
従来の打音調査では、調査員が直接外壁を叩いて打音を確認する必要があるため、必然的に建物周りに足場を組む必要性があり、これが様々なデメリットの影響を与えていました。

逆に高精度赤外線調査では、離れた場所から計測が可能ですので、『足場やゴンドラが不要』なためいくつものメリットが発生します。

圧倒的低コスト

打音調査で最もコストが必要であった足場の施工費が不要なため、従来の半分以下の費用で調査が可能。

工期短縮

足場が不要になったことで、大規模な工事が不要になり調査工期が大幅短縮。

事故率の低減

大規模な工事が不要になったことで、必然的に事故率も減少。

住人へのプライバシー配慮

直接壁面を調査する必要がないので、集合住宅の工事などで従来の様に、住人のプライバシー侵害の心配が不要。

調査内容のデータ化

調査結果は、熱画像データとして保管されますので、情報としても分かりやすく、調査資料としての使い勝手も格段に良くなります。

構造物診断事例

橋梁の高欄剥離

調査事例_r1_c1

調査事例_r3_c1

建築物外壁診断

調査事例_r5_c1

法面の保守診断

調査事例_r7_c1

高精度赤外線調査の利用範囲

  • 特殊建築物の外壁劣化診断
  • トンネル内コンクリート剥離診断
  • モルタル吹き付けのり面老朽化診断
  • 漏水(雨漏り・水配管漏水)状況診断
  • 防水シート劣化診断
  • 住宅の省エネルギ・断熱診断 等

赤外線外壁劣化調査の流れ

赤外線調査の流れ


[本社] 山口県周南市櫛ケ浜545-35
TEL.0834-36-2526 FAX.0834-36-2527
営業時間 9:00〜17:00(月〜土)

[岩国営業所]
山口県岩国市多田1-105-2
TEL.0827-43-1058 FAX.0827-41-2279

[熊本営業所]
熊本県熊本市西区上代1丁目20-1 建山ビル1F
TEL.096-201-2526 FAX.096-201-2527
2018 © SEIKO CO.,LTD All rights reserved.